第53回日本小児感染症学会総会・学術集会第53回日本小児感染症学会総会・学術集会

Young Investigator Award (YIA)

YIA候補演題

Y-1 出生時に呼吸障害を呈した新生児における次世代シークエンスを用いた網羅的病原微生物検索
奥村 俊彦 名古屋大学大学院医学系研究科 小児科学
Y-2 インフルエンザA(H1N1)pdm09感染喘息モデルマウスにおけるMMP-9とTIMP-1の病理的特徴
木村 献 山口大学大学院医学系研究科 小児科学講座
Y-3 造血幹細胞移植後小児におけるアデノウイルス血症の発生率とデジタルPCRの有用性の検討
春田 一憲 名古屋大学大学院 医学系研究科 小児科学
Y-4 自己免疫性好中球減少症との鑑別に難渋したSRP54遺伝子変異による先天性好中球減少症の1例 -末梢血単球数計測の有用性-
多久 佳祐 産業医科大学 小児科
Y-5 新生児敗血症モデルマウスにおいて、軽微な先行感染は後の致死的敗血症罹患に対して保護効果を発揮する
仲宗根 瑠花 神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野
Y-6 FilmArray髄膜炎・脳炎パネル検査導入による小児へのアシクロビルの適正使用
大竹 正悟 兵庫県立こども病院 感染症内科
Y-7 小児における尿中細菌叢:その存在と病的意義の検討
赤川 翔平 関西医科大学 小児科学講座
Y-8 乳児の有熱性尿路感染症のリスク因子としての尿中ウロモジュリン濃度に関する検討
岡野 舞 関西医科大学 小児科
Y-9 水痘ワクチン定期接種化後のbreakthrough varicellaの疫学変化と臨床像解析
服部 文彦 刈谷豊田総合病院 小児科
Y-10 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症児における治療開始後ウイルス残存量と聴力障害との関連
城戸 拓海 神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野

応募条件

  • 2022年4月1日時点で40歳未満である
  • 受賞した場合に、学会からの10万円の助成によりASPIDもしくはASPR等の国際学会で発表する『努力義務』を有することに同意する(指導者の同行が望ましい)

選出方法

  • 上記条件を満たす応募抄録を研究委員会で査読し、YIA候補者10名を決定します。
  • YIAの審査につきましては抄録での審査を予定しております。
  • 10名の採点の結果、上位3名をYIA受賞者とします。
  • YIA受賞者3名には、副賞として国際学会発表のための旅費援助として10万円が授与されます。

結果発表・表彰

詳細が決まりましたら、ホームページにてご案内いたします。