アクセス数:47064

English
第36回日本脳神経血管内治療学会第36回日本脳神経血管内治療学会

JSNET2020の開催形式について

初めにJSNET2020について延期のお知らせが発信されたことをお詫び致します。JSNET2020は予定通りの会期で、フレックスハイブリッド開催とします。

コロナ感染症は第1波がほぼ収束し、第2波への警戒を続けている状況です。11月の状況を予測することは難しいですが、事務局ではレベル1(通常開催+web配信)から5(web開催単独)までの5通りの開催計画を準備しています。現時点ではレベル3の見込みですが、今後の状況により開催2週間前までフレキシブルに更新致します。

会場 Web
レベル1 制限なし ライブ配信のみ
レベル2 約2000名 ライブ配信のみ
レベル3 約1000名 ライブ配信+オンデマンド配信
レベル4 演者・座長のみ ライブ配信+オンデマンド配信
リモート発表可
レベル5 なし ライブ配信+オンデマンド配信
リモート発表のみ

演題応募は7月17日(金曜日)正午まで再延長をしました。再々延長はありませんので、期日までに登録をお願い致します。現在の京都は外国人観光客の姿がないため、行列を作らずに観光スポットを訪れることが可能です。宿泊費用も例年の半額ほどになっています。紅葉みなぎる京都で皆様とお会いできるのを心より祈念しております。

第36回日本脳神経血管内治療学会会長
石井 暁