アクセス数:68141

English
第36回日本脳神経血管内治療学会第36回日本脳神経血管内治療学会

JSNET 2020 の開催形式について

11月のJSNET学術総会まで3ヶ月を切りました。新型コロナ感染症の影響は依然として甚大ですが、現時点での開催形式をご案内します。

現地会場は4会場とし、すべてのシンポジウムおよび特別企画は現地会場で行い、同時にライブ配信も行います。

一般演題(口演)は10月26日~11月8日にかけてZOOMを使った事前収録を行います。座長と演者7名にZOOM上で参集頂き、各セッションの収録を行います。一般演題の事前収録日時については演題採択メールでまもなくご案内致しますので、ご予定の確保をお願い致します。収録した一般演題セッションは11月19日よりオンデマンド配信します。

ポスター演題の口演発表はなくデジタルポスター形式で発表データを事前登録して頂きます。閲覧は11月19日から開始し、質疑応答はネット上で行います。データ登録期間は10月中旬~11月上旬の一か月程度を予定しております。詳細は改めてご案内致します。

現地会場参加は座長および演者(シンポジウム・特別企画・共催セミナー・一般演題・ポスター演題含む)などの役割のある方のみとし、最大約1200名とします。聴講のみの方はweb視聴となりますが、すべてのプログラムを配信できるように準備をしています。

また、例年行っている会員懇親会などのソーシャルプログラムはすべて中止と致します。例年とは大きく異なる開催形式となり、会員の皆様には大変なご不便をお掛け致しますが、ご理解の程、宜しくお願い致します。

2020年9月2日

第36回日本脳神経血管内治療学会会長
石井 暁
(京都大学医学部附属病院 脳神経外科)

お知らせ一 覧