プログラム・日程表

(2022年3月1日時点)

マークのご説明
※各種単位申請中
  • 日本助産機構アドバンス助産師
    必須:90分 選択:60分
  • 日本専門医機構産婦人科領域講習
  • 日本専門医機構共通講習【感染対策】
  • 日本専門医機構共通講習【医療倫理】
  • 日本専門医機構共通講習【医療安全】
  • 日本専門医機構共通講習【地域医療】

会長講演

Action Researchの連続 昭和から令和の周産期医療での教育・研究・実践

09月09日(金)09:00 - 10:00
座長:大橋 一友大手前大学 国際看護学部 看護学科
演者:遠藤 俊子関西国際大学 保健医療学部

理事長講演

FHRM所見と新生児予後の乖離例を考察する

09月09日(金)14:50 - 15:50
座長:森 恵美千葉大学大学院看護学研究院 看護学研究科
演者:正岡 直樹公益社団法人日本母性衛生学会 理事長、東京女子医科大学

特別講演

1. 大学教育の転換~コロナ禍を経て新たな可能性と挑戦~

09月09日(金)10:00 - 11:00
座長:石井 邦子千葉県立保健医療大学
演者:濱名 篤関西国際大学

2.昭和から平成、令和の周産期医療と今後への期待

09月09日(金)11:00 - 12:00
座長:谷垣 伸治杏林大学 医学部 産科婦人科
演者:池ノ上 克宮崎市郡医師会病院

3.ICMの100年、不確実性と進歩の歴史!

09月09日(金)16:00 - 17:00
座長:常田 裕子京都大学 看護学部
座長:髙田 昌代神戸市看護大学 看護学部
演者:Franka Cadée国際助産師連盟(ICM)

4.21世紀国富論/医療と公益

09月10日(土)09:00 - 10:00
座長:渡邊 頼純関西国際大学 国際コミュニケーション学部、慶應義塾大学
演者:原 丈人内閣府参与、米国公益法人アライアンス・フォーラム財団

5.健康とSDGs―パンデミックの時代に母と子の<いのち>を守る意味

09月10日(土)10:10 - 11:10
座長:正岡 直樹東京女子医科大学
演者:本田 徹NGOシェア=国際保健協力市民の会、福島県飯舘村いいたてクリニック内科

教育講演

1. 多胎の妊娠期管理

09月09日(金)10:00 - 11:00
座長:遠藤 誠之大阪大学 医学部保健学科
演者:船越 徹兵庫県立こども病院 周産期医療センター 産科

2. ”子ども学“のすすめ ~子どもの貧困を考える~

09月09日(金)11:10 - 12:10
座長:齋藤 いずみ神戸大学 保健学研究科 看護学領域
演者:稲垣 由子明石こどもセンター(発達行動小児科)、甲南女子大学

3. 日本における妊婦新型コロナウイルス感染の現状

09月09日(金)15:00 - 16:00
座長:山田 秀人手稲渓仁会病院 不育症センター オンコロジーセンター ゲノム医療センター
演者:出口 雅士神戸大学大学院 医学研究科地域医療ネットワーク学分野

4. 慢性歯性感染症と早産・低体重児出産

09月09日(金)15:00 - 16:00
座長:松原 まなみ関西国際大学 保健医療学部看護学科
演者:高田 隆周南公立大学

5. 心が通う妊婦健診とするために

09月09日(金)16:10 - 17:40
座長:髙橋 健太郎滋賀医科大学 医学部医学科
演者:松田 義雄東京医療保健大学 助産学専攻科

6. 女性の健康向上を阻む社会的圧力~ピル承認秘話からわが国のSRHRの今を考える~

09月09日(金)16:10 - 17:10
座長:伊藤 博之聖路加国際病院 女性総合診療部
演者:北村 邦夫一般社団法人日本家族計画協会

7. 産科診療ガイドライン2020を踏まえた母体救急とその対応

09月10日(土)09:00 - 10:30
座長:中島 通子関西国際大学 保健医療学部 看護学科
演者:最上 晴太京都大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター 産科

8. 母子の健康からみたHPVワクチンの重要性

09月10日(土)10:40 - 11:40
座長:柴原 浩章兵庫医科大学 医学部 産科婦人科
演者:川名 敬日本大学 医学部産婦人科学系産婦人科学分野

9. 課題を抱える妊産婦支援の実際と今後の取り組み

09月10日(土)11:10 - 12:10
座長:松﨑 政代大阪大学 医学系研究科
演者:永原 郁子マナ助産院、公益社団法人小さないのちのドア

10. SDGs 目標3・5・8を達成するために必要な看護の力

09月10日(土)11:20 - 12:20
座長:遠藤 俊子関西国際大学 保健医療学部
演者:福井 トシ子公益社団法人日本看護協会

11. 生殖医療の過去・現在・未来

09月10日(土)13:50 - 14:50
座長:上澤 悦子京都橘大学  看護学部
演者:森本 義晴HORACグランフロント大阪クリニック

12. 看護職による周産期メンタルヘルスケアupdate

09月10日(土)13:50 - 14:50
座長:髙橋 眞理文京学院大学 看護学研究科
演者:新井 陽子北里大学 看護学部

13. よりよい子育てを見据えた産科医療をめざして

09月10日(土)15:00 - 16:00
座長:関 博之埼玉医科大学 医学部
演者:山崎 峰夫医療法人社団純心会パルモア病院

14. 実践 産科超音波検査

09月10日(土)15:00 - 16:30
座長:神崎 徹神崎レディースクリニック
演者:馬場 一憲埼玉医科大学総合医療センター 総合周産期母子医療センター

市民公開講座

1. ピアノの夕べ

09月09日(金)17:40 - 18:30
座長:阿部 真理子学校法人清風学園、YUBAメソッドインスティテュート YUBAメソッド研究・研修センター
演者:梯 剛之ピアニスト

2. 女を生きる―ドラマからのメッセージ

09月10日(土)14:20 - 15:20
座長:新道 幸惠日本赤十字広島看護大学
演者:田渕 久美子脚本家・作家

3. 女性のフレイル予防:あなたはいつから始めますか?

09月10日(土)15:30 - 16:30
座長:佐々木 綾子大阪医科薬科大学 看護学部
演者:村田 伸京都橘大学 健康科学部

シンポジウム

1. 災害と周産期医療

09月09日(金)10:00 - 12:00
座長:山本 あい子兵庫県立大学
座長:吉沢 豊予子東北大学大学院 医学系研究科
日本における災害看護学の発展と周産期ケアの課題
演者:山本 あい子兵庫県立大学
小児周産期リエゾンの活動と普及
演者:芳本 誠司兵庫県立こども病院周産期産医療センター 新生児内科
災害時に自分の命と要配慮者(妊産婦、乳幼児)を守るための減災対策ツール
「災害に備える助産師のための減災ドリル」~日本助産学会作成~
演者:宮川 祐三子地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪母子医療センター
兵庫県災害時小児周産期リエゾンとしての活動:covid19感染妊婦対応も含め
演者:田中 宏幸兵庫医科大学 産科婦人科学講座

2. Withコロナ期の母子の健康を守る

09月09日(金)15:00 - 17:00
座長:菅沼 信彦名古屋学芸大学 看護学部
座長:大賀 明子西武文理大学 看護学科
Overview:COVID-19禍の妊産婦の健康への課題と今後
演者:菅沼 信彦名古屋学芸大学 看護学部
コロナ禍の母子の健康を守る ~大阪府看護協会の保健師・助産師職能委員会の活動~
演者:高橋 弘枝公益社団法人大阪府看護協会
新型コロナウイルス感染症の妊産婦に関する 保健所業務について
演者:山崎 初美神戸市健康局
COVID-19に対する周産期医療最前線での取り組み
演者:吉岡 信也神戸市立医療センター中央市民病院 産婦人科

3. 助産師としての活躍の場はどこまで拡がるか

09月10日(土)09:00 - 11:00
座長:北村 邦夫一般社団法人日本家族計画協会
座長:岡本 喜代子桶谷式乳房管理法研修センター
リプロダクティブヘルス/ライツの推進に向け、今後求められる助産師の役割とは~調査研究や政策提言活動を通して~
演者:今村 優子特定非営利活動法人日本医療政策機構
ウパウパハウス岡本助産院~助産師が多機能・多職種事業(保育園・産後ケア・訪問看護)を展開した理由~
演者:岡本 登美子ウパウパハウス岡本助産院
助産師が発信力を身につけることの意義
演者:大貫 詩織助産師、YouTuberシオリーヌ

4. 母と子の地域包括支援システムと助産師

09月10日(土)14:30 - 16:30
座長:米山 万里枝東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科
座長:金子 政時宮崎大学大学院 看護学研究科
母子のための地域包括支援システム推進のために 助産師が取り組むべきこと
演者:井本 寛子日本看護協会
女性の健康支援のための企業へのアプローチ ―助産師としての可能性と課題―
演者:岸畑 聖月株式会社With Midwife
地域における母子の健康を守る専門職間の連携からの健康指標の改善
演者:白土 なほ子昭和大学医学部 産婦人科
病院から地域への連携と課題
演者:石川 紀子総合母子保健センター愛育病院 看護部

交流集会

1. 立ち合い出産

09月09日(金)10:00 - 11:00
ファシリテーター:中島 通子関西国際大学 保健医療学部 看護学科

2. MBAの学生と学ぶ「助産管理学」経営学の視点から
神戸大学大学院助産師コースの特徴ある「助産管理学」をのぞいてみませんか

09月09日(金)10:00 - 11:00
ファシリテーター:齋藤 いずみ神戸大学 保健学研究科母性看護学・助産学分野

3. アドバンス助産師による実践

09月09日(金)11:10 - 12:40
ファシリテーター:佐山 理絵上智大学 総合人間科学部 看護学科

4. 授乳への支援

09月09日(金)11:10 - 12:40
ファシリテーター:加藤 江里子帝京平成大学 ヒューマンケア学部看護学科

5. 薬局におけるICTを活用した多職種連携プレコンセプションケアの可能性

09月09日(金)11:10 - 12:10
ファシリテーター:松永 佳子東邦大学 看護学部

6. 日本の文化における妊娠・出産・育児

09月10日(土)09:00 - 10:00
ファシリテーター:松﨑 政代大阪大学 医学系研究科

7. 周産期におけるFamily-Centered Care
〜産科病棟―新生児病棟間でどのように協働するか〜

09月10日(土)10:00 - 11:00
ファシリテーター:寺澤 美展兵庫県立こども病院 産科・MFICU

8. 周産期におけるDV支援~助産師にできること~

09月10日(土)10:10 - 11:40
ファシリテーター:石川 紀子総合母子保健センター愛育病院 看護部

9. 生と性の教育-いのちの大切さをどう伝えるか

09月10日(土)10:20 - 11:50
ファシリテーター:齋藤 益子関西国際大学 保健医療学部

10. 妊娠期から産後期の継続した助産ケアを考える

09月10日(土)11:00 - 12:00
ファシリテーター:濱嵜 真由美宮崎県立看護大学

11. 強くなろう!周産期の糖代謝異常の考え方とケア

09月10日(土)13:10 - 14:40
ファシリテーター:山田 加奈子大阪府立大学大学院 看護学研究科

12. 産後メンタルヘルスケアのグッドプラクティスを探そう

09月10日(土)13:50 - 14:50
ファシリテーター:工藤 美子兵庫県立大学 保健医療学部

13. 妊娠高血圧症候群重症化予防ケア

09月10日(土)14:50 - 15:50
ファシリテーター:遠藤 俊子関西国際大学 保健医療学部

14. 助産学実習の在り方を考える

09月10日(土)15:10 - 16:40
ファシリテーター:村上 明美全国助産師教育協議会

15. 呼吸法での自然分娩

09月10日(土)15:00 - 16:00
ファシリテーター:小野 利夫芦屋・小野レディスクリニック

このプログラムは現状予定につき、今後変更になる場合がございますので、ご了承ください。