会長挨拶

第55回日本肝臓学会総会を開催するにあたって(第1報)

 第55回日本肝臓学会総会の会長を拝命いただき,2019年5月30日(木)および31日(金)に,新宿の京王プラザホテルで学術集会を開催致します。埼玉医科大学による開催は、故藤原研司先生が1999年に第35回総会の会長を担当して以来20年ぶりで,テーマーは「未来につなぐ肝臓学: 20年後を見すえて」としました。私の20年前の経験が,第55回総会の礎です。そこで,第55回総会では若手医師,研究者を登用し,その中から20年後の肝臓学を担う人材が成長することを期待して,以上のようなテーマとしました。

 第55回総会では6つの特別,招待講演と,4つの特別企画,25の主題演題を計画しています。また,日本肝臓学会の規則を改訂していただき,メディカルスタッフ,行政関係者など,非会員による主題演題,さらに,研修医,専修医のセクションを企画しました。メディカルスタッフのセッションでは,全国71肝疾患診療連携拠点病院すべてのブースを用意し,肝炎医療コーディネーターの現状と課題について討論します。また,医療行政のセッションでは全国47都道府県のブースを用意し,肝疾患に関する啓発活動の在り方について意見を交換します。メディカルスタッフ,肝炎行政担当者など非会員の参加費は3,000円です。各都道府県の肝疾患診療連携拠点病院を中心に,これらセッションも充実させていただければ幸いです。また,研修医,専修医による症例報告のセクションも用意しました。参加費は無料で,発表者は評議員等懇親会に招待し,優秀演題の演者は表彰する予定です。肝臓学を志す新人のリクルートに役に立てられたらと期待しています。

 今までにない新たな試みを盛り込んだ総会になります。演題の応募期間は10月10日(水)~11月21日(水)になります。7月13日(金)の演題選定委員会で決定した主題一覧を,演題募集とプログラムのページに掲載いたします。主題一覧,「司会の言葉」を参考に,多数の演題をご準備いただければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

2018年8月3日

第55回日本肝臓学会総会
会長 持田 智
(埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科)