第24回日本高齢消化器病学会総会・第18回消化器病における性差医学・医療研究会第24回日本高齢消化器病学会総会・第18回消化器病における性差医学・医療研究会

会長挨拶

第24回日本高齢消化器病学会総会

第24回日本高齢消化器病学会総会
会長 内藤 裕二

(京都府立医科大学生体免疫栄養学講座 教授)

この度、第 24 回日本高齢消化器病学会総会を 2022 年 7 月 15 日(金)、16 日(土)の 2 日間にわたって、 からすま京都ホテル(京都市)にて開催させていただくこととなり、現在、当番会長として関係者一同、鋭意 準備を進めております。

すでにご存じかと思いますが、本邦では急速に高齢化が進み、超高齢化あるいは超超高齢化社会となりつつあります。本学会は、高齢者を取り巻く環境を鑑み、高齢者の消化器疾患に特有の問題を取り上げ、これらの問題を討議することによって深化させることを目的に発足いたしました。日本消化器病学会をはじめとするいくつかの消化器に関連する学会がございますが、高齢者に焦点をあて、討論する場は希有であり、本学術集会の特徴となっております。第 24 回学会総会では、特別講演、シンポジウム、一般演題等の多様なセッションを予定しております。今回の学会のシンポジウムでは、65 歳以上ではなく、75 歳以上の高齢者の消化器疾患の治療に焦点を当てたシンポジウムを企画させていただきました。また本学会総会は、2018 年 より「消化器病における性差医学・医療研究会」との合同開催となっております。当番世話人の飯島尋子教授ともご相談し、合同シンポジウム「長寿・性差研究からみえてきた日本人サルコぺニア・フレイルの新知見」 を企画させていただきました。

2020年初旬からの新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、社会活動のあり方が問われている中、本学会も状況を注視しながらではありますが、多数の参加者をお迎えし、多種多様な知識を交換することにより、今後のさらなる当該分野の発展のために努めたく考えております。

第18回消化器病における性差医学・医療研究会

第18回消化器病における性差医学・医療研究会
当番世話人 飯島 尋子

(兵庫医科大学消化器内科学 教授)

この度、第18回消化器病における性差医学・医療研究会の当番世話人を拝命し、2022 年7 月15 日(金)・16 日(土)第24 回日本高齢消化器病学会総会 (会長 内藤裕二 教授)と、からすま京都ホテル(京都市)にて合同開催をさせて頂く事になりました。

当研究会は、2018 年より「日本高齢消化器病学会総会」との合同開催となっており、このほど、会長の内藤裕二教授ともご相談し、合同シンポジウム「長寿・性差研究からみえてきた日本人サルコペニア・フレイルの新知見」を企画させていただきました。

消化器病には消化管、肝胆膵のあらゆる領域において性差に関与した病態があり、これをきっかけに性差という観点から病態・治療などに関して議論を深めたいと思っております。
多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。