第107回日本消化器病学会総会  第107回日本消化器病学会総会
第107回日本消化器病学会総会
第107回総会を終えて

第107回日本消化器病学会総会
会長 持田 智
(埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科 教授)

2021年4月15日(木)~17日(土)に第107回日本消化器病学会総会を京王プラザホテル(新宿)で開催致しました。ハイブリッド形式で開催し,今までで最多である7,000名以上の参加登録をいただき,うち約900名が現地にお出でいただきました。1日当たりの来場数は約400名ですので,密を避けて,安全性を担保した上での開催が可能であったと考えられます。
特別講演,特別企画,46の主題演題とともに,一般演題,国際セッション,メディカルスタッフセッション,ハンズオンセミナー,スポンサードセミナーなど全企画を無事に行うことができました。会場およびWEB上でご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。今回の企画を介して,テーマである「消化器病学のゆくへ: 第4次産業革命のさなかで」を垣間見ることができれば幸いです。
なお,今回の総会では,スポンサードセミナー以外は全て収録後に編集して,5月3日(月)~5月31日(月)にオンデマンドで視聴することが可能です。4月17日(土)までに参加登録いただけてない方も,5月31日(月)までに登録していただき視聴できます。すでに参加登録いただいた方も,ライブ配信では視聴できなかった企画の聴講にご利用ください。
このため第107回総会の終了は5月31日(月)になりますので,新しい試みをご活用いただくようお願い申し上げます