第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022)第35回日本内視鏡外科学会総会(JSES2022)

医工連携企画

医工連携企画とは

「医工連携企画」は、高度なものづくり技術を有する地域中小企業や、それら中小企業を取りまとめる地域産業支援機関の皆さまに技術展示をお願いする“参加型”のプログラムです。ものづくり企業の有する様々な技術と、医師を中心とした医療者のニーズをマッチングさせ、新たな医療機器の創出を支援する企画を準備しています。
企画詳細は本ページ内で随時更新してまいります。

ご挨拶

平素は日本内視鏡外科学会にご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
日本内視鏡外科学会ではかねてより医工連携に力を入れており、年次総会では総会企画から独立した形で様々な医工連携企画を提供し高い評価をいただいております。
2022年の第35回日本内視鏡外科学会総会は12月8日から10日までの3日間、藤田医科大学 先端ロボット・内視鏡手術学講座教授の宇山一朗会長のもとで名古屋市において開催されます。
ここ数年の総会は新型コロナウィルス感染拡大の影響で、医工連携企画も縮小あるいは一部企画は中止を余儀なくされておりました。今年度の総会は、新設予定の名古屋市国際展示場「ポートメッセなごや」での初めての開催ということもあり、医工連携企画も何とか例年の形に復活させ盛り上げたいと考えております。医工連携企画の中心であります医工連携展示・ブースツアーでは多くの会員に医療機器開発における要素技術の重要性を紹介し将来医療機器開発に関わる外科医の育成を目指していきたいと考えております。また学術セッションでは例年同様、医療機器開発やDX化に関する有益な情報提供ができるよう、鋭意準備を進めております。そのほか毎年継続しております女性外科医に優しい医療機器開発に関しても、医師側・企業側の両方の視点から考えてまいりたいと考えております。
つきましては医工連携に興味を持っている多くの医療従事者や、新しい技術の開発に取り組んでおられる企業の方々にも本企画の趣旨にご賛同いただき、奮ってご参加いただければ大変ありがたく存じます。医工学連携委員一同で知恵を出し合い魅力的な医工連携企画を企画しております。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

一般社団法人 日本内視鏡外科学会
医工学連携委員会
委員長 内藤 剛

医工連携企画展示・ブースツアー 出展募集

募集要項

出展申込

医工連携セッション演題募集

医工連携セッションとして3セッションを予定しております。
そのうち、以下の1セッションは演者公募を行います。
下記概要をご確認の上、是非ご応募ください。
なお、医工連携セッションは第35回総会の主題演題として講演会場で実施いたします。

セッション名

シリーズ:外科医による医療機器開発 -その弐 若手が経験するハードル-

セッション趣旨

外科医による医工連携とその活性化に焦点を当てた本シリーズ、第2回となる今回は、医療機器開発に関わる様々なハードルについて、「医工連携の経験の少ない、または医工連携を初めて経験する」若手や初心者ならではの観点で発表いただきたいと思います。
現場のニーズ・アイデアから製品を開発し販売に至るまでの長い行程において、資金調達、ものづくり企業や製販企業とのマッチング、知財管理、上市に至るまでの種々の申請業務など、経験して初めてわかるハードルの数々について、現在進行形の苦労話から上手く乗り越えた経験、残念ながら乗り越えられなかった経験まで、皆さんの貴重な経験を将来に向けてシェアして行きましょう。
本セッションを通して、次世代を担う若手人材の中で幅広い知見の共有されることを期待しています。
前回同様、経験の多寡や開発の成否は問いません。もちろん年齢も問いません!また、医工学連携委員がアドバイザーとなり、ハードルの解決へのサポートをしていくことも考えております。

演題応募期間

2022年7月26日(火)~8月22日(月)

応募資格

筆頭演者ならびに共同演者は全て会員に限ります。
(メディカルスタッフ・初期研修医・外国籍の方を除く)

文字数制限など

演題名: 全角50文字以内
抄録本文: 全角550文字以内
演者数: 筆頭演者を含め15名以内
所属機関: 10施設以内

利益相反(COI)開示と倫理的手続きに関しての指針について

第35回日本内視鏡外科学会総会にて発表をされる方は、利益相反の状況および倫理的手続きについて、演題登録画面で登録していただきます。(※必須となります)
詳しくは以下リンクをご参照ください。(日本内視鏡外科学会HPリンク)
なお、上記の選択は演題採否には関係いたしません。

利益相反について
倫理的手続きに関しての指針

演題登録

以下の「演題登録はこちら」ボタンから演題登録画面にお進みください。

演題登録はこちら

医工連携企画イベントスペースプログラム

企画1
Woman surgeon&Ergonomics
―普段使用している手術機器・環境の困りごとを開発に一番近い人に直接訴えよう!―

JSES医工連携企画では、これまでにワークショップを開催し、女性ならではの視点と発想で手術機器・環境について考えてきました。今回は企業の方々にもご参加いただき、これらの問題点について直接話し合えるセッションを企画しました。

  • 普段使用している手術機器で改善してほしい点とその理由
  • 手術室環境で困っていること、あったらいいなと思うもの
  • 男性からみて女性が扱いづらそうにしている手術機器

など、手術機器・環境の改善につながるご意見を募集します!

演者募集
募集締切:7月29日(金)

企画2
Woman surgeon&Ergonomics
クリスタル・アワード募集

優れた医療機器を開発されていましたら、是非ご応募をお待ちしています!
最も優秀な医工連携の「成功事例」を、第35回総会期間中に表彰いたします。

応募要件

  1. 医療従事者(日本内視鏡外科学会 会員)の発案と日本国内のものづくり企業との医工連携によって製品化された事例であること。
  2. 現在も市販されている医療機器であること。

審査基準

  1. 医療への貢献および販売数の観点から優れたものであるか。
  2. 医療者のニーズに基づく優れた医療機器開発を紹介し、さらなる医工連携の促進につながる内容であるか。

審査方法

第35回日本内視鏡外科学会総会および日本内視鏡外科学会 医工学連携委員会にて厳正に審査いたします。

クリスタル・アワード募集
募集締切:9月16日(金)