第93回日本薬理学会年会第93回日本薬理学会年会

Late-Breaking Session 演題登録

一般演題の投稿は11月5日(火)で締切りました。ご登録をいただき誠にありがとうございました。今回、残念ながら締切りに間に合わなかった方々を対象として「Late-Breaking Session (LBS)」の枠を設け、ポスター発表を募ることといたしました。

Late-Braking Sessionは、薬理学会としては、初めての試みです。どうぞ奮ってご応募いただきますようお願い申し上げます。

受付期間

LBS演題登録受付期間:2019年 12 月 10日(火)~ 2020年1 月 15日(水)
締め切りました。

  • Late-Breaking Session は、プログラム集には掲載されません。
    Web抄録閲覧システム、および JPS supplement には掲載されます。
  • 発表形式はポスターのみです。
    ポスター会場の一部にLate-Breaking Sessionのコーナーを設置する予定です。
  • 原則として、3月16日(月)、3月17日(火)の発表を受け付けますが、ご希望があれば3月18日(水)の発表も可とします。

募集演題数

先着順で約60名までの受付となります。
募集数に達した場合には、早期に受付を終了する場合がありますので、お早めにご登録ください。

演題登録料と応募資格について

  • 1演題3,000円が必要となります。(年会への参加登録費が別途必要となります。)
  • 既に、一般演題、学生セッションにご登録いただいた方は対象となりません。
  • 筆頭発表者は、2019年度の日本薬理学会会員であること(2019年度の会費納入)が必要です。2019年度の会費をまだ納入されていない会員の方は、早急にお支払いください。また、会員でなければ登録できませんので、非会員の方は先に入会申請を行ってください。2020年に入ってから入会申請をされた場合でも、2019年度の会費納入が必要となります。

事前参加登録・演題登録の流れ

申込方法

参加・演題登録マニュアルをご確認いただき、JPS Online(日本薬理学会会員webシステム)からお申込ください。事前参加登録の手続きを済ませてから、LBS演題の申込を行ってください。
<<非会員の場合>> 日本薬理学会への入会が必要となります。JPSアカウントの取得JPS Onlineから入会申請 → 事前参加登録・LBS演題申込の順に手続きを行ってください。

参加登録に関する注意点

  • 申込者について:必ず筆頭発表者が申し込みを行ってください。
  • 新規入会希望の方:入会申請後に参加登録を行ってください。先に参加登録を行うと、「非会員」の扱いとなります。
    入会に関するご案内
  • 2019年度会費未納の学生会員:JPS Onlineより、学生割引手続きを行ってから、参加登録を行ってください。学割適用前に参加登録を行うと、参加費が「一般会員」の扱いとなります。

演題登録料のお支払い方法

JPS Onlineより、クレジットカードでのお支払いを行ってください。(お支払いの操作手順については、参加・演題登録マニュアルのP.3をご参照ください。)一旦お支払いいただいた参加登録費および演題登録料は、理由の如何を問わず返金いたしませんので、予めご了承ください。

クレジットカード支払以外をご希望の方は、下記銀行口座宛に振込をお願いいたします。
郵便局備え付けの払込取扱票をご使用の場合は「通信欄」に、その他方法による振込の際には、払込人名の前に「受付番号」を入力してください。

振込先

郵便振替口座 00180-4-650975 公益社団法人日本薬理学会
(ゆうちょ銀行 019店 当座 0650975)
三菱UFJ銀行 本郷支店 普通 3798860 公益社団法人 日本薬理学会

要旨作成要項

JPS Onlineより2020年 1月 15日(水)までに演題登録・修正を行ってください。1月 15日(水)を過ぎすると、登録演題の修正はできません。

ご登録いただく項目

発表者の姓名
(漢字、カナ、英字)
筆頭発表者および共同発表者は入力された順番にプログラムに掲載されます。責任発表者は最後に入力してください。英字姓名の入力には必ず半角文字をご使用ください。
※共同発表者の登録は最大15名までです。15名を超える場合は、通信欄に発表者情報とその人の所属先Noを入力してください。
発表者の所属先、
抄録用所属先略記
(日本語、英語)
同一所属機関内で複数の演題を登録する場合は、所属先(日本語と英語)の名称および略称を統一するようお願いいたします。抄録には略記が記載されます。略記一覧を参照の上、入力してください。所属機関等の表記は出来るだけ簡潔にして本文スペースを充分に確保してください。
日本語表記の入力例:横浜市立大・院医 分子薬理神経生物
英字表記の入力例:Dept. Mol. Pharmacol. Neurobiol., Yokohama City Univ.
※所属先の登録は最大15施設までです。15施設を超える場合は、通信欄に所属先No/英語・日本語略記を入力してください。
演題名(日本語と英語) 日本語:全角100文字まで
英語:半角250文字まで
要旨本文(英語) 半角1,350文字まで
発表形態 ポスターのみ
希望発表日 希望の発表日をご選択ください。
原則として、3月16日(月)、3月17日(火)の発表を受け付けますが、ご希望があれば3月18日(水)の発表も可とします。発表スペースに限りがありますので、ご希望に添えない場合があります。予めご了承ください。
希望カテゴリ 演題分類表を参照して、希望カテゴリのプルダウンメニューから第一希望・第二希望のカテゴリを選択してください。
キーワード キーワード一覧表より、キーワードを4つまで選んで選択してください。
COI申告書
(筆頭発表者・
責任発表者)
下記申告書をダウンロードの上、筆頭発表者と責任発表者(連名)について必要事項を記載し、システムにアップロードをしてください。
申告すべきCOI項目と基準
・COI自己申告様式(様式1)
  (A) COI状態が無い場合の開示例(Word)
  (B) COI状態が有る場合の開示例(Word)

演題採択について

演題の採否・発表日時の情報は、2020年2月上旬にE-mailにてご連絡いたします。

使用可能な文字装飾

演題登録時に使用可能な文字装飾は、下記の通りです。

B:太字 I:イタリック U:アンダーライン X:下付き文字 X2:上付き文字

要旨内容に関する工業所有権の申請について

発表内容に関して特許権等の工業所有権の申請を考慮される場合には、内容告知日は演題検索ウェブサイトおよびスマートフォンアプリの公開日となりますので、十分ご留意ください。

著作権の帰属について

年会終了後 JPS Supplement 電子版に掲載される英文発表要旨の著作権は著者に帰属します。著者はCreative Commons ライセンス「表示-非営利-改変禁止」(CCBY-NC-ND)、「表示」(CCBY)のいずれかを選択することができます。詳しくは、http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/3.0/ をご参照ください。

著作権の利用許諾について

著者が英文発表要旨を日本薬理学会が認める媒体で電子ジャーナルとして公開することに特段の意思を示さない場合は、電子公開に同意いただいたものといたします。

開発化合物の取り扱いについて

開発中化合物の取扱いに関しましては、 ガイドライン をご確認ください。

事前参加登録/演題登録、会員の入退会/異動等その他に関するお問い合わせ

公益社団法人日本薬理学会事務局
〒113-0032 東京都文京区弥生 2-4-16 学会センタービル内
TEL:03-3814-4828 FAX:03-3814-4809
E-mail: society@pharmacol.or.jp