第35回日本冠疾患学会学術集会第35回日本冠疾患学会学術集会

会長挨拶

内科系会長挨拶

独立行政法人国立病院機構
大阪医療センター
循環器内科
上田 恭敬

第35回日本冠疾患学会学術集会を、2021 年 12 月 17 日(金)、18 日(土)の二日間で、大阪のグランフロント大阪のコングレコンベンションセンターで開催させていただくことになりました。新型コロナウイルス感染症も、その頃までには落ち着いていることを期待していますが、万が一会場での開催が困難な場合にも、同日のライブでのWEB開催を検討していますので、この日程は押さえておいていただければ幸いです。

今回は、「徹底的に冠動脈疾患を探求する」をテーマに、循環器関連学会の中での立ち位置を明確にしたいと考えています。

また、本学会の最大の特徴は、外科系・内科系いずれの先生もが平等に参加して、その協働関係がどうあるべきかを「ハートチームのあり方」として追求し続けてきたことにありますので、今回はさらに一歩進めて、全てのセッションを外科系・内科系の区別なく、いずれの先生もが一緒に議論する形式にしました。さらに、高名な先生の講演を拝聴するというセッションよりも、それぞれのテーマについて徹底的に議論することを目標にセッションを構成する方針です。

翌日の19日(日)には、「急性心筋梗塞で命を落とさないために必要なこと」と題して、市民公開講座を開催する予定です。

是非、皆様も日常臨床の中で抱えている疑問点や問題点を持って来ていただき、徹底的に討論する中で、正解が出ないまでも、今後の方向性が明らかになったり、解決すべき課題が明確になることを期待したいと思っています。

皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

外科系会長挨拶

医療法人徳洲会吹田徳洲会病院
心臓血管外科
高橋 俊樹

2021年12月に第35回日本冠疾患学会学術集会を大阪で開催させていただくことになりました。COVID-19感染症収束もなかなか目途が立ちませんが、WEB開催も視野に入れて学術集会の運営に支障のないように万全の対策を講じていきたいと思います。

日本冠疾患学会の主旨は、“患者本位の精神の下で、内科・外科一体となって冠動脈疾患に関する臨床的研究の進歩・普及をはかり、その診断・治療の向上を目指すこと”、と謳われていますが、今回の学術集会では、内科系会長である上田本学会副理事長発案の、「徹底的に冠動脈疾患を探求する」をテーマといたしました。冠動脈疾患が招く様々な病態に対するベストな治療法を進歩、確立させて行く為にも、新しいガイドラインや海外多施設研究の検証、冠動脈疾患や合併心血管疾患に対する低侵襲治療を交えた治療戦略、心不全合併冠動脈疾患に対する急性期・慢性期診療(最新の補助循環やCCU/ICU体制、リハビリテーション、病診連携、等)等について、忌憚のない討論ができる場を提供したいと考えています。冠動脈疾患の臨床現場に関わる皆様には、内科・外科、職種を超えた問題提起と徹底した議論を経て、一つでも多くのメッセージを持ち帰っていただき、明日からの臨床に活用していただければ幸いです。

先般、“循環器病対策推進基本計画”の内容が具体的に公表されました。その全体目標の一つである“循環器病の予防や正しい知識の普及啓発”に少しでも寄与できるように、本学術集会の翌日に、“急性心筋梗塞に関する市民公開講座”も開催する予定です。

実り多い学術集会となりますように、是非とも多くの皆様にご参加いただけますように宜しくお願い申し上げます。